blog

2020/04/15 10:30

 

おはようございます。

現在各店にて販売をされております中国からの輸入マスクに関して、その一部に対して警鐘を鳴らしたく、この文章を書いております。

 

<高品質マスクはその前から日本に発送されていない>

輸入マスクを現在販売されているショップの写真を拝見いたしますと、その多くはAlibabaやAliexpressでの調達ではないかと思われます。そのこと自体は何ら問題ないと思うのですが、中には「PFE対応」「PFE99」「ウィルスカット」「ウィルス99%カット」などの言葉が並べられたものがあります(PFEとは日本のマスクの基準で最もレベルの高いもの。インフルエンザウィルスやコロナウィルスと同様サイズの0.1μm微粒子をどれだけろ過できるかの日本独自の試験。例えばPFE99であれば、0.1μm微粒子を99%カットできたことが証明されたもの、ということになる)。AlibabaやAliexpressでそう書かれているので、そのまま鵜呑みにされているのでしょうが、結論から言うと、これ、ほとんど嘘だと思ってください。

これだけマスクが品薄の状態で、簡単にPFE対応マスクが入るはずがないと思い、当社ではAlibabaやAliexpressで「PFE対応」「PFE99」「ウィルスカット」「ウィルス99%カット」とサイトもしくはパッケージに表記のあるマスク取扱店の合計13件に対して、PFE試験のエビデンス(証拠)を求めたところ、1件もエビデンスを出すことはできませんでした。

ヨーロッパの防塵マスク規格であるEN149 FFPの一番下のレベルであるFFP1の証明書を出してきたところが6件、プリントされた箱やラベルに「PFE99」と書かれた写真までしか出せなかったところが4件、CE認証の証明書しか出せなかったところが2件、返信なしが1件、です。CE認証はマスクの規格とは何ら関係ありません。単純に販売できるレベルの品質であるかどうかだけのものであり、性能についてはほぼ関係のないものと思ってください。

どの取扱店もこれ以上に突っ込むと「エビデンスはこれしか手元にない。でも間違いなくPFE99対応だ」とか既読スルー、という対応です。

従いまして、皆様が中国からの輸入マスクを購入される際、もしPFE対応などの高品質のものをとお考えであれば必ず、購入予定店舗に対してエビデンスの提出を求めるようにしてください。そこまでこだわらないのであれば大きな問題はないと思いますが、悪気はなくとも結果的に嘘を並べたショップがある可能性がありますことを十分理解しておいてください。

 

<中国税関で没収>

先月末より、中国の税関にて輸出されようとしているマスクが軒並み没収されているとのことです。既に一部メディアでもニュースになっておりますし、この事実は私どもも現地生産工場から確認を取りました。実は当社がお付き合いをしている生産工場でも、完成品を政府に没収されたことがあるとのことです。弊社が調達を行っておりましたマスクの一部についても、残念ながら税関でストップしている可能性があるようです。(詳細、現地生産工場経由で確認中。)日本では考えられない話ですが、残念ながらこれは事実です。

 

<貿易会社ですら入荷困難>

また、どうしてもPFE対応マスクを調達したいと思い、弊社では貿易会社にも複数コンタクトを取りました。結果は、「昔からのお付き合いのある取引先だけで精一杯」「PFE対応マスクはどうやっても入荷できない」の何れかの回答でした。
 

<今後輸入マスクは益々品薄になる可能性>

結論です。今後、中国からの輸入マスクは益々品薄になる可能性が高いです。今、○天様とかのショップでも今月末入荷予定とかで予約を受け付けているようですが、これ、本当に入荷できるかどうかも分かりません。品質についてもサイト記載事項が正しいかどうか、分かりません。

 

<弊社取り扱いマスクについて>

弊社で現在取り扱っているマスクは、日本の規格の試験は行っておりません。ヨーロッパの防じんマスク規格EN149 FFPのうちのFFP1をクリアしたものとなります。エビデンスは全て、サイト上に写真として掲載をしております。また、工場独自にNaClを使用した試験を行っており、PM10, PM2.5, PM1.0共に99%カットのデータは出ています。こちらも念のため、サイトに写真掲載してあります。しかしながらこれは工場独自の試験であり、公的機関によるものではない、ということは申し添えておきます。

また、入荷したものについては1点ずつ検品作業を行っています。マスク・ゴム手袋着用の上、1点ごとに手指消毒剤を使用しての作業です。

しっかりご検討をいただき、それでも良いとの判断の上でご発注をいただければと思います。